管理人から

sunflower-1627193_640.jpg
これからの季節、暑くなり、水が手放せません。どうせなら、身体にもよい水素水を飲みたいものです。

各会社のホームページなどから私なりにまとめてみました。飲料水素水は大きく3タイプ(アルミバウチ型、サーバー型、整水器型)に分けられます。

水素水で特に重要なのが水素濃度です。各商品の濃度、価格、特典やポイントなどを書き出し、比較してみました。

水素水 3タイプの特徴


タイプ アルミパウチ型
サーバー型
 
整水器型
水素製造 各工場で水素の製造方法は異なる。何層にもなったアルミパウチに、水素水を密封する。 サーバーを設置し電気分解によって水素を生成させます。  水道管、蛇口付近に整水器を取り付け電気分解によって水素を生成します。
水素濃度  封を切ってしまえば抜けが早いので、直ぐ飲む必要があります。 濃度は高い。  濃度は高い。
コスト  安い。 高い。ただし初期費用だけで、長期的に考えれば一番安いかもしれません。   高い。浄水と整水の切り替えが可能なので、長期的に見れば安い。
手軽さ 持ち運びに便利です。  水の補充だけ。  設置が面倒。業者さんに取り付けを頼めば、後は楽。
 
 

What's New

2018.06.17
ページ背景色を変更しました。
2018.06.25
トップ画像アップしました。
2018.07.02
トップ画像変更しました。




関 連 商 品

小型水素生成器

水 素 風 呂